「みんなでメイキングBL」をレビュー!カードで縛られるリレー小説創り!

メイキングBLは2019秋のゲームマーケットで発売されたボードゲーム(カードゲーム)です。

昔流行った(というと年代がわかりそうですが)リレー小説にカードを使うことによって縛りを加えたゲームですね。

みんなでメイキングBLのゲーム情報

プレイ人数2~5人
プレイ時間10~15分(実際にプレイしてみると30~40分)
ジャンルパーティゲーム、創作ゲーム
価格2,000円
妄想力★★★★★

みんなでメイキングBLのおすすめポイント!

  1.  妄想力が強い方が楽しいストーリーを作れる!
  2.  カードや人によって毎回変わるシチュエーション!
  3.  解釈違いがあっても楽しく作れる!

みんなでメイキングBLのルール説明!

準備

  1. キャラクターカード(上写真)をシャッフルして2枚を引く
  2. キャラクターの攻めと受けをスタートプレイヤーが決め、左側に攻めを、右側に受けを配置
  3. 関係性カードを1枚選び、ダイスを振り二人の関係性を決定
  4. ワードカードと特殊カードを混ぜてシャッフルし、手札を5枚ずつ配布。残ったカードはプレイ人数に応じて山札として使用(2人:20枚、3人:25枚、4人:30枚、5人:35枚)
  5. 山札を半分にし、後半にHAPPYEND、友情END、BADENDを入れシャッフルしておく。

こんな感じですね!

これで準備はOKです。ゲームスタートとなります。

ゲームの手順

ゲームの手順としては、

・ワードカードに書かれた言葉を用いてストーリーを作り、カードを場に出して手番終了

・特殊カードの使用

のいずれかを実施し、その後カードを1枚引き(手札が5枚になるように補充し)終了となります。

・次の人がカードを出す際にはその隣に置くようにします。

・山札からENDカードを引いた場合、引いたことを宣言し、表向きで自分の前に置きます。

・ENDカードを引いた人が次に手番が回ってきたときENDカードのストーリー通りシナリオを終わらせます。

特殊カード・エンドカードについて

【特殊カード】

・BL展開:次の人から必ず恋愛フラグを立てるなどの怪しい雰囲気にする

・やばい!人が来た!:BL展開終了

・リバ展開:攻めと受けを交換する

・パス:そのまま

【エンドカード】

HAPPY END:2人が幸せになるエンディング

BAD END:切なかったり悲しかったりするエンディング

友情END:どんな関係にあっても、友達で終わるエンディング

実際にプレイしてみて

BLが大好きな友人5人にプレイして貰いました。

まず攻めと受けをどうするかから真剣そのもので、メンバー間での解釈の違いも起きていましたが、楽しく創作できたようです。

ENDカードを引いてからの話が急展開でしたが、それもそれで面白みがありました。

【その時のシナリオ】

メイキングBL(エクセルファイルになっています)

皆さんもGood BL Lifeを!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です