「SCOUT!(スカウト!)」をレビュー!出しちゃう?スカウトしちゃう?それとも…

SCOUT!はカードを順番に出していき、最終的な得点を競うゲームです。

2019秋のゲームマーケットで発売され、ルールがシンプルでとても人気のあるゲームです!

SCOUT!のゲーム情報

プレイ人数3~5人
プレイ時間15~20分
ジャンル大富豪系
1,900円
難易度★★☆☆☆
スカウトされたい度★★★★★

SCOUT!のおすすめポイント!

  1. シンプルなルールでサクサクゲームが進む!
  2. 一気にカードを出せたときの爽快感がたまらない!

SCOUT!のルール説明!

準備

カードは1~10までの数字が上下に書かれたカードが45枚あります。

人数に合わせて使用するカードの枚数が異なります

(5人:すべてのカードを使用、4人:10と9の書かれたカード1枚を除外、3人:10が書かれてるカード9枚を除外)

  1. テーブルの中央に得点チップを(青いおはじき)、各プレイヤーにダブルアクションマーカー(木の板)を1枚配ります。
  2. カードの上下もばらばらになるようによく混ぜてそれぞれに配ります。
  3. 手札を取ったらカードの順番は変えることができません。ただし、この時のみ、手札全体の上下をさかさまにすることはできます。

こう持つかこう持つか、ですね!

カードには強さがあり

  1. 1枚で出す場合は数字が大きい方が強い(10>1)
  2. 複数で出す場合は数字がつながっているか、同じ数字(ex:上の手札なら左側の3-2や、3-3)
  3. 複数で出す場合は何枚でも出してもよい(ex:1-2-3-4-5、3-3-3-3など)

となっております。

これを踏まえて、上下どちらで今回は戦うかを決めましょう。

得点について

得点を取る・失う方法はいくつかあります。

・場に出ているカードよりも強いカードを出したとき

➡ 場に出ているカードすべてを裏向きにし、自分の得点にします。1枚なら1点、2枚なら2点入ります。

・場に出ているカードをスカウトされたとき

➡ スカウトされたタイミングで、得点チップを1枚もらいます

・ラウンド(1回のゲーム)終了時に手札が残っていた場合

➡ 手札1枚につき1点のマイナスとなります。

・場に出ているカードよりも強いカードを出した分:9点(裏向きカード分)

・場に出ているカードをスカウトされた:2点(青いおはじき分)

・ラウンド(1回のゲーム)終了時に手札が残っていた分:-1点(残りの手札1枚)

この場合、+10点の結果となります。

ゲーム終了条件

  1. 誰かが手札全てを出し切ったときは即材に終了
  2. プレイしたカードに対して、他の全員がプレイできず(または意図的にせず)スカウトのみ行った場合

手番でできること

  1. 場に出ているカードよりも強いカード(カードの組)を出す
  2. 場に出ているカードをスカウトする(この場合、場に出ているカードが複数枚の場合は右左何方かの端のカードのみスカウトできる)
  3. スカウトしてそのままカードを出す(1ラウンドに1回のみ、ダブルアクションカードを使用)

カードをスカウトする場合、上下どちらの数字をもらっても構いません。

カードは自分の手札の好きな場所に差し込むことができるので、カードは出さずに自分の手札を強化するために(連番を作るなど)スカウトしても構いません。

ゲームの様子

今回の手札はこんな感じでした。

場に出されたカードにもよりますが、左から2番目の9-10を出せば4-4がつながりますね!

さらに左から5番目の9も出すことができれば4-4-4とつなげることができます。

4が多いので4をつないで強力な組にできれば勝てそうですが、結果は惨敗でした。

配られたときの手札の強さもありますが、どういう順に出せば強い組が作れるか、どのタイミングでスカウトやダブルアクションを使うか

考えるのがとても楽しいゲームでおすすめです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です