「ワードバスケット」をレビュー!ゲーム性を高めたしりとりカードゲーム!

ワードバスケットはカードを使ってシリトリを行うカードゲームです。

ルールは簡単なのですが出す言葉に制限がかかるので、脳みそをフル回転して言葉を絞り出します。

ワードバスケットのゲーム情報

プレイ人数 2~8人
プレイ時間 15分
ジャンル しりとり、スピード
値段 1,000円
難易度 ★☆☆☆☆
おすすめ度 ★★★☆☆

ワードバスケットのおすすめポイント!

  1. ルールが少ないのでボードゲーム初心者にはオススメ
  2. 子供から大人まで楽しめる!
  3. お手頃サイズ、お手頃価格!

ワードバスケットのルール説明!

ゲームの準備

カードをシャッフルしたらプレイ人数×5枚のカードを各自に配ります。

残りのカードをシャッフルし、裏向きの山にします。

1枚を表にして箱の中に表に入れてゲームスタート!

ゲームのルール

基本的なルール

箱の中に表になっているカードが頭文字で、自分の手札の文字が最後の文字で言葉を作ります。言葉は周りが知っている言葉で3文字以上であればOK!

順番はないので思いついた言葉を言って箱の中に投げれましょう!自分で連投することもOKです!

手札を変えたい場合

なかなか言葉が思い浮かばず手札を変えたい場合、持っている手札をすべて箱に出し、山札から捨てた枚数+1枚を引いてリスタートします。この時、お題の言葉は捨てた手札の1番上にあるカードになります。

特殊なカード

① 数字カード

「5」「6」はその文字数の言葉を、「7+」は7文字以上の言葉ならOKです。

次の言葉はその時に出た言葉のお尻の言葉になります。

② 行カード

例えばあ行(あいうえお)のカードであれば、語尾があ行であれば使えるカードです。次の言葉はその時に出た言葉のお尻の言葉になります。

その他、細々したルール

① 小文字(ょ、っ 等)で終わった場合、次の言葉は大文字になります。

② 箱の中にカードが入らなかった場合、素早くとって入れなおす必要があります。

その間にほかのプレイヤーが言葉を作って入れてしまった場合、その言葉が優先されます。

③ 頭の言葉が濁音、半濁音の場合は取ってしまってもOKです。

④ 間違えた場合、ペナルティとしてそのカードを手札に戻し+1枚を山札から引きます。

ワードバスケットまとめ

簡単そうに見えて、なかなか言葉が出ないもどかしさがあります。

子供のほうが頭が柔らかく言葉が出てきたりします!大人も負けずに四角い頭を丸くして遊びましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です