「オフトゥンからの脱出」をレビュー!頑張って起きるのって大変。

どうも、あーりーです。

寒い日々が続きますがいかがお過ごしでしょうか?

冬はお風呂、こたつ、オフトンと、抜け出せない強敵がいっぱいいます。

そんな三強の一角であるオフトン‥もとい、オフトゥンと戦い、頑張って勉強をする学生をモチーフにしたボードゲームがあるのをご存じでしょうか。その名も、「オフトゥンからの脱出」ゲームマーケット2019秋にて購入させていただきました。

今日はこちらを遊ばせていただきましたのでレビューしていこうと思います。

オフトゥン、英語で書くとどうなるのでしょうか?僕は「Off-turn」としてみました。笑

オフトゥンからの脱出のゲーム情報

プレイ人数 1~5人
プレイ時間 15分
ジャンル 勝利点式カードゲーム
値段 800円
難易度 ★☆☆☆☆

拡張版!

オフトゥンからの脱出には拡張版もあります。なんと200円!

個人的には拡張版も含めてゲームした方が面白いので、ぜひ一緒に買うとよいと思います!

オフトゥンからの脱出のポイント!

  1. 子供でもすぐわかる簡単なルール
  2. 可愛い絵柄!
  3. ちょっとした時間でできるので、重ゲーの合間にも!

オフトゥンからの脱出のルール

まずは好きなプレイヤーカードとオフトゥンをセットで自分の場に置きます。

オフトンカードはライフポイント5になるようにかけてください。

その後、「早く起きる」「普通に起きる」「あと5分」「サボる」を手札に持ちます。

今日の起床が遅かったプレイヤーがスタートプレイヤーになります。

授業フェイズ

授業カードをシャッフルし、3枚を表にします。

「早く起きる」「普通に起きる」「あと5分」「サボる」を手札に持ち、そこから選び一枚を裏向きに出します。

その後、早く起きる>普通に起きる>あと5分のカードを出した人順に場の授業カードを取ります。(同じカードの場合はライフが高いプレイヤー、さらに同じ場合は親プレイヤーから順に引いていきます)

サボるを出したプレイヤーは授業カードは入手できません。

授業カードを獲得した後に入手した授業カードと使った起床カードにあるライフポイントの処理をします。体力がゼロ以下はゼロ、体力が10以上の場合は10となります。

今回の授業フェイズで最後に授業カードを入手したプレイヤーが次のスタートプレイヤーとなり、次の授業フェイズに入ります。

授業フェイズの開始時に体力がゼロのプレイヤーは強制的にサボルが選択されます。

試験フェイズ

授業フェイズを4回実施した後に試験フェイズになります。

プレイヤー全員の起床カードを集めシャッフルし、各プレイヤーの残りライフの数だけ起床カードを引きます。

その後起床カードの右下に書かれている数値と入手した授業カードのポイントを合算し、点数を競います。

まとめ

可愛いイラストとお手軽なルールで簡単で、子供とも一緒に楽しむことができます。

試験フェイズでの起床カードをシャッフルして点数を加点するところが、少し運要素が強い気はしますが、拡張版を追加するところで少し改善されるようです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です