「バザリ」をレビュー!思惑を読んで宝石をGETせよ!

「バザリ(BASARI)」は宝石商となり、市場を巡りながらライバルたちの思惑を読み、一番の富を得ることを目的としたボードゲームです。

ボード・宝石駒・ダイスといった様々なコンポーネントと、交渉(競り)の要素のあるTheボードゲーム!といった雰囲気があります。

でも、ルールは簡単で初心者にも遊びやすく、なんといってもお手頃なお値段!という事でオススメなゲームです。

バザリのゲーム情報

プレイ人数3~5人
プレイ時間45分
ジャンル交渉・競り系
値段4,000円
難易度★★☆☆☆
交渉の難しさ★★☆☆☆

バザリの説明!

内容物

・説明書:1部

・ゲーム盤:1枚

・アクションタイル:15枚(5色 各3枚)

・商人駒:5個(5色 各1個)

・スタートマーカー:5個(5色 各1個)

・スコアマーカー:5個(5色 各1個)

・6面体ダイス:5個(5色 各1個)

・宝石:100個(赤・黄・緑・青 各25個)

・5人プレイ用アクションタイル:5枚

準備

  1. ボードを広げ、中央に置きます
  2. 各色の宝石を3個ずつすべてのプレイヤーに配ります。
  3. アクションタイル、6面ダイス、スコアマーカー、商人駒、各それぞれのプレイヤーに色を揃えて配ります。
  4. スコアマーカーを外枠のスコアボードの0のところに置きます。
  5. ボードの好きな場所にスタートマーカーと商人駒を置きます。

ゲームのルール

全プレイヤーは一斉にサイコロを投げます。出た目の数分商人駒を進めます(スタートマーカーはそのままにしておきます)

移動先に書かれている内容をみて、何を実行したいかをアクションタイルを裏向きにして示します。

アクションタイルの効果

・宝石のアクションタイル:自分の止まっているマスの宝石を入手します

・数字のアクションタイル:自分の止まっているマスの数字分の勝利点を入手します

・サイコロのアクションタイル:自分の止まっているところから更にサイコロの出た目の分先に進みます。また、「6 – 出た目の数字」分の勝利点を入手します

全てのプレイヤーが行動を裏向きに提示したら、「せーの」の合図でアクションタイルを表向きにします。

表向きになった後に、以下の処理を行います。

アクションタイルの処理

他のプレイヤーと行動が被らなかった場合

そのアクションを実行できます。

1人と行動が被った場合(例:宝石のアクションカードが2枚)

どちらがその行動を行うかの交渉が始まります。(このゲームのポイントです!)

スコアボードで点数の高い方から交渉を開始します。(同点の場合はサイコロを振って大きい目のプレイヤーから実行します)

相手に対して、自分の持っている宝石を出して、行動を譲るように交渉をします。

交渉を受ける場合

相手の宝石をもらい、自分はそのターンアクションは行えません。

交渉を受けない場合

相手の提示した宝石の価値よりも高い価値を提示し、同様に交渉を行います。

*宝石の点数はボードにも記載がありますが、赤:14、黄:12、緑:10、青:8 になります。

これを交渉が成立するまで交互に行います。

1人と行動が被った場合(例:宝石のアクションカードが3枚)

被ったすべてのプレイヤーはこのターンアクションができません。

これらのアクションを行い、いずれかのプレイヤーが1周した時(自分のスタートマーカーに止まる、または超える)そのターンのアクションの処理を行った後に清算フェイズに入ります。

清算フェイズでの得点計算

・ボードを一周したプレイヤー:処理点10を獲得

・各宝石で最も個数を持っているプレイヤーがその宝石に応じた勝利点を手に入れます。

(赤:14、黄:12、緑:10、青:8)

また、そのプレイヤーは市場にその宝石を3個返します。

この時、最大個数のプレイヤーが2人の場合は獲得点数は半分(端数切捨て)となり市場に返却する宝石は2個となります。

清算フェイズが終了したら、自分の商人駒のいる場所にスタートマーカーを置き、2ラウンド目を開始します。

3ラウンドが終了した時点で、勝利点が高かったプレイヤーが勝ちとなります!

実際に遊んでみて

まず、コンポーネントが非常に良いです!

宝石はとてもきれいですし、ボードありサイコロあり。そして何よりアクションカード選択の部分。ここが非常に悩ましく楽しいところです!

3~5人のゲームですが、4人でやるのが一番面白いと思います。(必ず1人はバッティングするので)

唯一、惜しいところとしては3ラウンド目の最後にキングメーカーとなるプレイヤーが出る可能性が高いところです。

例えば、A、Bが点数が競っており、Aのアクションは他プレイヤーとの交渉なく終了し、Bと負けの決まっているCが交渉フェイズに入った場合。

Cの対応次第でAを勝たせるかBを勝たせるかが決まるという点です。

この部分がもう少し改善できれば、より良いかなー?と思いますが、他の部分はとても楽しく進められるので、ぜひ遊んでみてください!