「バンディード」をレビュー!協力して囚人を追い詰めろ!

どうも、あーりーです。

ボドトモの記事はボクとはりぼの二人で書いておりますが、どっちが書いたかわかるようにした方がいいのでは?という事で、文頭に名前を書くことにしました。

何か話題があったら、本題のレビューが薄れない程度に一緒に書いていこうと思います。

さて、本題のバンディードですが、これは脱出する囚人を協力して閉じ込めるボードゲームです。

ルールが簡単で、短時間でできるのでオススメです!

バンディードのゲーム情報

プレイ人数1~4人
プレイ時間15分
ジャンル協力ゲーム
値段2,000円
難易度★☆☆☆☆
バンディー度★★★★★

バンディードのポイント!

  1. 短時間でできる協力ゲーム
  2. 直感的にわかる簡単なルール
  3. 携帯できる小さい小箱

バンディードのルール

バンディードは囚人カードに道をつなげていき、逃げ道をなくすことを目的としています。

上の写真は難易度が高い方で、初期の逃げ道が6本になっています。
裏面が逃げ道5本です。

ただ、配られるカードの運に左右される部分は大きいので、どちらもそこまで難易度は変わらないかもしれません。

内容物は、囚人カードの他に道カードが入っています。

このような色んな種類の道カードをつなげていき、囚人の逃げ道をつぶしていきます。

実際のゲームの流れ

まず、各プレイヤーに3枚のカードを配ります。

難易度はどちらをれ欄でも構いません。

こんな感じの手札でした。

配られたらスタートプレイヤーから順番にカードを出し、1枚山札から引くを繰り返します。

【勝利条件】

道をすべてふさぐこと

【敗北条件】

山札・手札が尽きても道がふさぎきれない

また、手札のカードが出せない場合、山札の一番下にカードを入れ、新たに3枚引きカードを出します。

カードは縦向きでも横向きでも置くことができます。

ただし、このように道を防いでしまうような置き方はできません。

(左上の道がつぶれてしまっています)

では、実際に道を置いて行ってみましょう。

ではカードを置いていきましょう。

道を減らしたところですが、カードによっては道が増えてしまうこともあります。

懐中電灯のカードは道をふさぐカードとなっているので、うまく活用して道を減らしていきましょう。

プレイヤー同士は、直接的にどんな形のカードを持っているとは言えませんが「右上はいける!」「そこ置きたい!」などの会話はOKです。

なかなか道をなくしていくのは難しいですが、協力しながら閉じていきましょう!

これですべての道を閉じることができました!

まとめ

ルールが簡単なので、すぐに始めることができます!お手頃な協力ゲームとしてはお勧めです。

複雑に作られた道はインスタ映えも間違いなしです!

ただし、簡単に見えて意外と難しく、運要素がちょっと高い感じはあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です