「ドブル」をレビュー!瞬発力と集中力が鍛えられるゲーム!

ドブルは8つのマークが描かれた55枚のカードで遊ぶゲームです。

すべてのカードはほかのカードとたった1つだけ共通のマークが描かれておりそれを探すことが目的です。

ドブルのゲーム情報

プレイ人数 2~8人
プレイ時間 15分
ジャンル 瞬発力系
1,900円
難易度 ★☆☆☆☆
おすすめ度 ★★★★★

ドブルのおすすめポイント!

  1. ルールは簡単で、経験の差が少ない!
  2. 豊富なルールで子供も簡単に楽しめる!
  3. なんといっても持ち運びが楽ちん♪

ドブルのルール説明!

ドブルには5つのルールがあります。

どのゲームにも強調しているのは、同じ絵柄を見つけていくことです。

上の写真をよーく見てください。いろいろな絵が描かれてありますが、サボテンが共通なのが分かりますね!

1枚のカードには8種類の絵があり、被らずに必ず1つだけ共通の絵があることが特徴です。

これを踏まえて、2つほどゲームを紹介します。

アツアツポテト

まず、プレイヤーの手のひらに裏向きでカードを1枚ずつ配ります。

その後、スタートの合図とともにカードを裏返します。

自分と、他のプレイヤーとの共通のマークを見つけて、そのマークを宣言して相手にカードを押し付けます。

どれが一緒だかわかりますでしょうか?

手前はサボテン、奥は(少し見づらいですが)テントウムシです。

最終的に誰か一人にカードが押し付けられることになります。

これを繰り返し、カードの持っている枚数が一番少なかった人が勝利です。

アツーイポテトは手で持っていられないので、早く誰かに渡しちゃいましょう!

井戸掘り

井戸掘りは、カードをすべて均等に裏向きでプレイヤーに配ります。

その後、余った1枚だけを表にして真ん中に置きます。

スタートの合図とともに自分の山札の一番上のカードを表にして、真ん中のカードとの共通のマークを探しましょう!

マーク名を宣言して重ねていき、一番早く山札をなくした人が勝ちです。

他のルール

このほかにも「タワーリングインフェルノ」「全部集めよう」「毒された宝物」と、異なるルールが3つあります。

どのルールも共通のイラストを探すという点は同じなので非常に簡単です!

実際にプレイしてみて

このゲームはボードゲームの初心者、上級者にかかわらず同じレベルで楽しむことができます!

また、1回のゲームも短くサクサク遊べるところも非常に良いところです。

絶対に同じマークがあるはずなのになぜか見つからない・・!自分が先にクリアしても、そんな困っているメンバーを見る所も楽しみの一つです!

また、これより簡単なドブル・キッズというものもあります。

子供向けに、マークが動物だったり、マークの種類が減ったりしています。

こちらもおすすめです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です